社員教育に関する概念

新人の社員の教育に関して、受け入れる側の先輩としての社員が新人の社員に教えるのは当然の事であるが、新人の社員も指示待ちという意識を持たずに、創造性と積極性を持って仕事とその他の事に挑戦していく心構えと会社に貢献するに当たって必要な事を考えて、新人の社員が積極的に会社を動かすために動いていかなければならないのです。
様々な境遇にある新入社員が採用してくれた会社に関心を持って、一日も速く即戦力になるための努力をしているので、先輩の社員が速く即戦力にしたいと考えています。
即戦力という力を促すために、会社が独自で作っているマニュアルを制定しています。
会社のマニュアルは、業務を行っていく上での初心的な事から仕事に応用できるための会社の独自の方法として、先輩社員との共同体の感覚として作られている事が特徴です。
新入社員に対しては、会社の独自の社訓や歴史なども教える必要があって、会社やお店の業務に従事を始める前に、大きな声で会社の社訓などを読み上げている企業も多いです。
社訓を教えると同時に会社の実務をきちんとできるような指導を行っていく事が業務上での基本的な事です。
日常的な業務の中で、短い期間というスケジュールとして先輩の社員が教え込んで、新入社員が業務を完璧に行う事は容易な事ではないのです。
部署との間との連携した教育が重要です。
新入社員は、企業の責務において何らかの職務を遂行させられて、職務がいくつかに混ぜ合わさって会社としての業務を形成するのです。
業務に関しては企業における方針に基づく計画が必要です。
計画を思い通りに実行しなければならない事が管理者の責務になる事であるが、ある程度の歯止めが必要となっていて、歯止めのためのマニュアルが存在しているという事です。
業務をきちんと行う事は中途半端な事ではないのです。
会社の基本的な方針から出て来るのであって、新入社員はきちんとした手順を提供して、記憶させなければならないのです。